メニュー

「ちびちび」ごっくん、しみこませるように

[2020.12.26]

下痢やおう吐のはじまりには、脱水が心配となり、水分を取らせないと、、、と思ってしまいます。しかし症状の出始めは、胃腸は水分が吸収できません。

 

吐いた直後は飲みたがるかもしれませんが、ごくごくではなく、あせらず「ちびちび」ごっぐん、しみこませるように飲ませはじめることが大切です。

 

お茶や水ばかりではなく、塩分をしっかりと含んだ市販の経口補水液や味噌汁、野菜スープの上澄みをあせらず「ちびちび」ごっくん、しみこませるように飲ませてあげるとよいでしょう。

 

ペットボトルのキャップやティースプーン1杯程度を5分ごとに与え、おう吐がおさまってくれば徐々に間隔を短くしていきましょう。

 

ゼリータイプの経口補水液はしょっぱさを感じにくく、つるっとしていてとても飲みやすいです。

 

母乳は続けて大丈夫です。

顔色や機嫌がよくなってきたらミルク(薄める必要はありません)や食事を開始しましょう。

ブログカレンダー

2021年10月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME